ドラマ

『6才のボクが、大人になるまで。』 Boyhood

予告編

サクッと解説

【12年間の青春物語を12年かけて撮影した、R・リンクレイター監督の意欲作】

【イントロダクション】
ビフォア・サンライズ』シリーズのリチャード・リンクレイター監督による青春ドラマ。ある少年が、両親の離婚や様々な問題を抱えながらも成長していく姿を描く。映画では主人公が6歳から18歳になるまでが描かれるが、主演俳優は同じ=映画自体も撮影に12年間以上を費やしている。

【ストーリー】
6才のメイソンは、姉サマンサと母親オリヴィアと3人暮らし。離婚した父親は自由奔放でメイソンとの仲は良好だが、オリヴィアとの復縁は無さそうだ。そんな多少のモヤモヤを抱える子供時代は一見平穏だったが、母の再婚を機に少しずつ変化が見え始める。

【作品情報】
2014年米
監督:リチャード・リンクレイター
出演:エラー・コルトレーン、パトリシア・アークエット、イーサン・ホーク
上映時間:165分
レイティング:PG-12

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります