ドラマ

『レナードの朝』 Awakenings

予告編

サクッと解説

【長い眠りから奇跡的に回復した患者と医者の交流を描く感動作】

【イントロダクション】
ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズ共演の、実話を基にしたドラマ。30年の昏睡から奇跡的に目覚めた患者レナードと医師の交流を描く。見た目は大人ながら中身は昏睡前の純粋な少年のままのレナードを演じたデ・ニーロの繊細な演技が泣かせる。

【ストーリー】
1969年。重度の神経病患者を扱う病院へ赴任してきたセイヤーは、患者を治すための様々な試みを行っていた。やがてそれが実を結び、30年昏睡状態だったレナードの意識を回復させることに成功する。レナードは人生を取り戻し医師たちにも希望が見えたが、実際にはそれは「一時的」なものにすぎなかった。

【作品情報】
1990年米
監督:ペニー・マーシャル
出演:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ペネロープ・アン・ミラー
上映時間:121分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります