ドラマ

『湯を沸かすほどの熱い愛』

予告編

サクッと解説

【母には、やらねばならない事がある。宮沢りえの演技が絶賛された家族ドラマ】

【イントロダクション】
宮沢りえ主演のドラマ。癌で余命宣告を受けた母親が、家族や人生と向き合うストーリー。自分の命が尽きるまで子供に全力の愛を注ぐ母親を演じた宮沢りえが、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を、娘を演じた杉咲花が同賞助演女優賞を獲得した。

【ストーリー】
夫の失踪後、女手一つで娘を育ててきた双葉は突然の癌宣告を受ける。余命が数か月しかないと知った彼女は迷うヒマも無く、今までうやむやにしてきた問題処理にかかる。娘が抱える心のケア、夫と営んでいた銭湯の再開。そして、娘に伏せていた真実を話すこと。これを機に家族は再び集い、双葉のために結束していく。

【作品情報】
2016年日
監督:中野量太
出演:宮沢りえ、杉咲花、オダギリジョー
上映時間:125分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります