サスペンス/スリラー

『羅生門』(1950)

予告編

サクッと解説

【身勝手な証言で二転三転する殺人事件の真相は?黒澤明監督渾身のミステリー】

【イントロダクション】
日本を代表する黒澤明監督によるミステリー・サスペンス。90分無い短尺ながら、人間のエゴイズムを扱ったミステリー作品として世界的に評価の高い作品。三船敏郎、志村喬、森雅之、京マチ子といったスターの名演に加え、不衛生感極まる荒廃した平安時代のパワフルな映像美が特徴。

【ストーリー】
平安時代。戦乱で荒れ果てた羅生門にて雨宿りをする杣売りがいた。彼はある殺人事件の目撃者だったが、加害者・被害者の証言が食い違う状況を理解出来ないでいた。何故、人間は嘘をつくのか。その裏にはそれぞれの見栄や欲望が隠されていた。

【作品情報】
1950年日
監督:黒澤明
出演:志村喬、三船敏郎、京マチ子
上映時間:88分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります