サスペンス/スリラー

『CURE / キュア』

予告編

サクッと解説

【憎しみは、凶器となって覚醒する。心理的な恐怖に飲み込まれるミステリー・サスペンス】

【イントロダクション】
黒沢清監督の代表作の1つで「日本版「セブン」」と表現された猟奇殺人ミステリー。催眠術を扱った心理的な部分と、知らぬ間に犯人の手に落ちていくキャラクタ達の狂気が恐怖感をより際立たせる。難解なストーリー展開は様々な解釈が出来、考察映画としてもファンが多い一本。

【ストーリー】
頸動脈を「X」の形に切り裂かれる連続殺人事件が発生。この事件の不可解な点は犯人がそれぞれ違い、誰も接点を持っていない事だった。担当刑事の高部は重要参考人の間宮という男を尋問するが、やがて高部の周りで異変が起き始める。

【作品情報】
1997年日
監督:黒沢清
出演:役所広司、萩原聖人、うじきつよし
上映時間:111分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります