最新投稿されたデータベース
アクション

『ワールド・オブ・ライズ』 Body of Lies

予告編

サクッと解説

【真実と嘘が入り乱れるテロ捜査の現実。情報が生死を左右するスリルを描いた社会派アクション】

【イントロダクション】
グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』などのリドリー・スコット監督作。中東で危険な任務に就くCIA工作員を主人公に、テロ捜査が巻き起こす緊迫の情報戦が描かれる。勝利という名目のために虚偽と真実が平然と入り乱れる社会の現実を描いた、リアル志向のサスペンス・アクションだ。

【ストーリー】
中東テロ組織摘発に動くCIAエージェントのフェリスは、現地で情報収集に当たっていた。彼は米国CIAからの指令でヨルダン情報局と協力し、黒幕へと迫っていく。しかし飛び交う情報の罠にハメられたフェリスはテロリストに誘拐されてしまい、合同捜査は予想外の結末を迎えることとなる。

【作品情報】
2008年米英
監督:リドリー・スコット
出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング
上映時間:2時間8分
レイティング:PG-12

amazonで視聴・購入

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

NETFLIXで視聴

Twitterにて1日1問出題中!
こんなのもあります