ドラマ

『チャーリー』 Chaplin

予告編

サクッと解説

【不朽の名作を生み続けたチャップリンの真の姿とは。ハリウッド黄金期の光と闇を描く伝記】

【イントロダクション】
戦前~戦後の映画界を代表する喜劇王チャールズ・チャップリンの半生を描いた伝記映画。世界を魅了した功績と裏腹に苦悩する彼の姿を、『アイアンマン』シリーズのR・ダウニー・Jr.が熱演している。監督は『遠い夜明け』『ガンジー』などのリチャード・アッテンボロー。

【ストーリー】
そのコメディ・センスで名作を生み続けるチャップリン。不動の人気を獲得したが、その裏では女性関係など多くの問題を抱えていた。やがて欧州では戦争への緊張が高まり、そんな中で彼は『独裁者』の制作に着手。やがてこの作品は、多くの絶賛とある問題を引き起こす事になる。

【作品情報】
1992年英仏伊日米
監督:リチャード・アッテンボロー
出演:ロバート・ダウニーJr.、モイラ・ケリー、ジェラルディン・チャップリン
上映時間:143分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります