サスペンス/スリラー

『64 -ロクヨン-』前後編

予告編(前編)

サクッと解説

【その事件が、全てを変えた。殺人事件が刑事、そして被害者の人生を狂わせていく様を描いた重厚サスペンス】

【イントロダクション】
クライマーズ・ハイ』『半落ち』など、社会派から警察小説までシリアスな作風で人気の横山秀夫の同名小説を映画化。天皇崩御によりたった7日間で幕を閉じた昭和64年(1989年1月1日~7日)に起こった誘拐殺人事件を背景に、刑事や被害者の苦悩と事件の顛末を描く。昭和~平成に移り変わる時代背景が渋めな雰囲気を放ち、作品に濃厚さを加えている。キャストには佐藤浩市、三浦友和、滝藤賢一、綾野剛など錚々たる顔ぶれが揃い、佐藤浩市は日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。

【ストーリー(初作)】
昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件を解決できなかった刑事の三上。時は過ぎ平成14年、時効まで1年を切る中で事件は再び動き出す。被害者の無念と自責の念を晴らすため三上は捜査を始めるが、その先に待っていたのは警察組織内の汚職、そして事件に人生を狂わされた被害者の執念であった。

【作品情報(初作)】
2016年日
監督:瀬々敬久
出演:佐藤浩市、三浦友和、永瀬正敏
上映時間:121分
レイティング:-

【シリーズ一覧】
①『64 -ロクヨン- 前編』
②『64 -ロクヨン- 後編』(2016年日)

(最終更新 2021.7.6)

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります