サスペンス/スリラー

『孤狼の血』シリーズ

【予告編(初作)】

【警察 VS 暴力団の仁義なき戦い!パワフルな映像が迫力のスリラー】

【イントロダクション】
柚月裕子による同名小説シリーズを、『日本で一番悪い奴ら』の白石和彌監督が映画化したバイオレンス。昭和63年の広島を舞台に、暴力団と警察の駆け引きが描かれる。熱気を感じるほどの重厚な画面と、役所広司を始めとするキャストの熱演、容赦ない暴力シーンが度肝を抜く。暴力団と対等に渡り合うために、時に強引な捜査を行う警察の実態も描かれ、あくまでもリアリズムに徹した作品となっている。キャストには役所広司、松坂桃李、真木よう子、竹野内豊、江口洋介など錚々たる顔ぶれが揃う。2021年には続編の公開が決定した。

【ストーリー(初作)】
暴力団対策法成立前の昭和63年、夏。広島県警のマル暴刑事である大上は、若き部下の日岡を連れて、暴力団絡みと思われる失踪事件を捜査していた。そんな中、暴力団同士のいざこざが抗争を誘発し、一触即発の状況に。思惑が入り乱れる中、やがて町に多くの血が流れることになる。

【シリーズ一覧】
※シリーズ順に観ることをおすすめ!
①『孤狼の血』(2018年日) R-15
②『孤狼の血 LEVEL2』(2021年日) ※2021年8月公開

(最終更新 2021.3.25)

【視聴はこちらから】

【DVDはこちらから】

おうちで映画を楽しもう!


【サウンドバーで気分をアゲる!】
映画館のようなサウンドで臨場感アップ!映画タイムをより充実に!


【おススメの動画配信サイト】


ツタヤの宅配サービスは、映画マニアが思わず「お!これもあるのか!」となる幅広いラインナップなのでおススメ!レンタル店でも見つけるのが難しい作品も多数!管理人もよく利用してます♪