サスペンス/スリラー

『恐怖の報酬』(1953) Le Salaire de la peur

予告編

サクッと解説

【汗臭い男達が、命を懸けて悪路を走る!ハラハラドキドキだらけのフランス映画】

【イントロダクション】
アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督によるサスペンス。一歩間違えば木っ端微塵確定の仕事を請け負ったドライバーたちの危険すぎる旅を描く。少しのミスが死を招く極限の状況はスリル満点!1977年にはアメリカでリメイクされた。

【ストーリー】
油田で爆発事故が起こり、消火作業に必要なニトログリセリンを現場まで運ばなければならなくなった。少しの衝撃で大爆発が起こるその薬品を運ぶ仕事を獲得した男たちは、巨額の報酬の代わりに命を危険にさらしていく。彼らに待ち受けるのは悪路の連続で、ついには犠牲者が出てしまう。

【作品情報】
1953年仏伊
監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
出演:イヴ・モンタン、シャルル・ヴァネル、フォルコ・ルリ
上映時間:131分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります