本日のテーマ:逃げる&追われるスリル!最終日
最新投稿されたデータベース
ドラマ

『太陽』 Солнце

予告編

サクッと解説

【神と崇められ、その激動の時代を生きた昭和天皇の真の姿とは。ロシア人監督が描く、知られざる日本史】

【イントロダクション】
ロシア人監督アレクサンドル・ソクーロフ監督による伝記ドラマ。第二次世界大戦末期の日本を舞台に、国民から神と位置づけされていた昭和天皇の姿を描く。ロシア人が天皇を一人の人間として扱い、天皇の戦中・戦後の複雑な心境を描いた野心的な作品。

【ストーリー】
本土決戦が迫る日本。昭和天皇は国民から「神」として称えられる現状に疑問を持つ中、ついに敗戦を迎えた。それからはマッカーサーを始めとする米軍の監視下に置かれ、日本の命運を決める決断を迫られる。そして最大の難問は、天皇が「神」でないことをいかに国民に伝えるかであった。

【作品情報】
2005年露伊仏瑞
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
出演:イッセー尾形、佐野史郎、桃井かおり
上映時間:1時間50分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【DVDはこちらから】

随時更新!Twitterオリジナルコンテンツ
こんなのもあります