最新投稿されたデータベース
ドラマ

『連合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』

予告編

サクッと解説

【最後まで戦争に反対した男は、何故その手で開戦の火蓋を切ったのか】

【イントロダクション】
日本軍史の中でも有名な人物、山本五十六の人物像を描いた戦争ドラマ。演じるのは名優、役所広司。日本の未来を案じ開戦に最後まで反対しながらも、最終的に開戦の火蓋を切る役割を担ってしまう山本五十六の葛藤が描かれる。監督は「孤高のメス」の成島出。

【ストーリー】
1941年。国内が開戦ムードに沸く中、海軍省の山本五十六は「アメリカと戦えば日本は滅びる」との考えを曲げなかったが、日本は最終的に太平洋戦争へ突入した。五十六は戦争を短期間で終わらせ犠牲者を抑えようとするものの叶わず、彼の願いは歴史の波にことごとく打ち砕かれていく。

【作品情報】
2011年日
監督:成島出
出演:役所広司、玉木宏、香川照之
上映時間:141分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

こんなのもあります