ラブロマンス

『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ

予告編

【オリジナル予告編(初作)】

サクッと解説

【乗り遅れたなんて言わせない!トキめく女の人生逆転劇】

【イントロダクション】
ヘレン・フィールディリングの同名小説をレ二ー・ゼルウィガー主演で映画化したラブ・コメディ。婚期を逃し、自由気ままに生きてきた女性ブリジットがある出会いをきっかけに自分を変えようと奮闘する物語。多くの女性が抱える理想と現実のギャップをコメディとして表現しながらも、人生を変えるきっかけは日常に潜んでいるという希望のメッセージを与えてくれる作風は多くの支持を得て大ヒット。3部作が製作される事となった。体重を増やして役に挑んだレ二ー・ゼルウィガー、ブリジットの心を動かす男性陣にキャスティングされたヒュー・グラント&コリン・ファースの知名度を一躍高めたシリーズでもある。

【ストーリー(初作)】
32歳のブリジットは何の変哲も無い人生を送り、新しい出会いにも恵まれない生活を送っていた。自分を変えるために日記をつけ始めた彼女だったが、振り回されがちの恋愛にも疲れて傷心。しかし運命の人は、実はすぐ側にいたのだった・・・!

【シリーズ一覧】
※シリーズ順に観ることをおすすめ!
①『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年米英仏) R-15
②『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』 (2004年米英仏独愛蘭)
『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』(2016年米英仏中)

(最終更新 2020.9.23)

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります