ドラマ

『スポットライト 世紀のスクープ』 Spotlight

予告編

サクッと解説

【隠蔽され続けた社会のタブーに挑んだ、新聞記者たちの勇気と信念】

【イントロダクション】
カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽していた神父の性的虐待事件を、ボストンの新聞記者たちが明るみにした実話を映画化。触れてはいけない真実を追い続けた彼らを突き動かしたものは何だったのか。アカデミー賞では多数のノミネートを受け、同年の作品賞を受賞した。

【ストーリー】
2001年のボストン。新聞社の記者グループ「スポットライト」は、神父が児童への性的虐待を行った事件を記事にするため調査を開始する。数々の妨害に遭いながらも証言から浮かび上がってきたのは、神父の虐待が常態化している事、加害者の神父が多数いる事、そして教会が隠蔽に加担しているという驚愕の真実だった。

【作品情報】
2015年米
監督:トム・マッカーシー
出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス
上映時間:129分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります