ドラマ

『日本のいちばん長い日』(1967)

【1945年8月14日。歴史が動いた激動の一日】

【イントロダクション】
日本を代表する岡本喜八監督の戦争ドラマ。日本が敗戦し、玉音放送(天皇による国民への詔)が流れるまでの激動の1日を扱っており、政府関係者、放送局、軍隊のクーデター(宮城事件)などそれぞれの異なる視点からの24時間が描かれる。

【ストーリー】
1945年8月14日。第二次世界大戦での敗戦が決定的となり、政府は交戦国からの無条件降伏宣告(ポツダム宣言)受諾の方向で一致した。しかし敗北宣言を阻止せんとする一部の軍人がクーデターを起こし、政府内では降伏条件の議論で紛糾。日本の命運を決める、あまりにも長すぎる1日の始まりだった。

【作品情報】
1967年日
監督:岡本喜八
出演:三船敏郎、笠智衆、黒沢年男
上映時間:157分
レイティング:-

おうちで映画を楽しもう!


【サウンドバーで気分をアゲる!】
映画館のようなサウンドで臨場感アップ!映画タイムをより充実に!


【おススメの動画配信サイト】


ツタヤの宅配サービスは、映画マニアが思わず「お!これもあるのか!」となる幅広いラインナップなのでおススメ!レンタル店でも見つけるのが難しい作品も多数!管理人もよく利用してます♪