ドラマ

『十二人の怒れる男』 12 Angry Men

【有罪か無罪か。密室で繰り広げられる徹底討論】

【イントロダクション】
民間人が裁判に参加する陪審員制度に切り込んだ社会派ドラマ。96分の上映時間中、舞台は議論室に固定され、12人の陪審員達の熱き論戦が展開する。人種に対する偏見や固定概念がいかに決断に影響を及ぼすか、審議の重要性について考えさせられる一本。

【ストーリー】
少年が父親を殺した事件を審議するために、部屋に集まった12人の男達。有罪であれば、少年は電気イス送りだ。裁判で提示された証拠や状況から誰もが有罪に手を挙げるが、ただ一人無罪に挙手する男がいた。彼の願いはただ一つ。「本当に有罪か、話し合ってみないか?」

【作品情報】
1957年米
監督:シドニー・ルメット
出演:ヘンリー・フォンダ、リー・J・コッブ、ジャック・ウォーデン
上映時間:96分
レイティング:-

おうちで映画を楽しもう!


【サウンドバーで気分をアゲる!】
映画館のようなサウンドで臨場感アップ!映画タイムをより充実に!


【おススメの動画配信サイト】


ツタヤの宅配サービスは、映画マニアが思わず「お!これもあるのか!」となる幅広いラインナップなのでおススメ!レンタル店でも見つけるのが難しい作品も多数!管理人もよく利用してます♪