コメディ

『カルメン故郷に帰る』

予告編

サクッと解説

【都会色に染まったダンサーが帰郷して騒動を起こす!ギャップが生む温かな笑いが心地よいコメディ】

【イントロダクション】
上京しダンサーとして成功した主人公が、故郷である田舎へ帰ったことで巻き起こる騒動を描いたコメディ。国産映画初の総天然色映画として公開当時話題になった。登場人物がボケるわけでもなく、都会と田舎の価値観の違いが自然な笑いを生んでいる。

【ストーリー】
東京で「リリー・カルメン」という名でダンサーをしていたおきんは、同僚を連れて故郷の田舎へ帰ってきた。派手な風貌と軽快なおしゃべりっぷりに回りの人たちはたじたじ。しかもおきん、ダンサーと言っても「普通」のダンサーではなかった・・・。

【作品情報】
1951年日
監督:木下惠介
出演:高峰秀子、小林トシ子、笠智衆
上映時間:86分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります