ドラマ

『無法松の一生』(1958年)

予告編

サクッと解説

【美しいような悲しいような、不器用な男の生き様。三船敏郎の熱演が泣かせるドラマ】

【イントロダクション】
明治後期から日露戦争、激動の時代を背景に酒好きで喧嘩ばかりする男、富島松五郎の生涯を描いた作品。稲垣浩監督が1943年の同名映画をセルフリメイクし、主人公・松五郎を日本を代表する俳優、三船敏郎が務める。

【ストーリー】
その粗暴ぶりから「無法松」と呼ばれる人力車夫、松五郎。彼はある日、ケガをした子供を助けて家まで送った事で、その親であり陸軍大尉の吉岡と知り合いとなる。しかし大尉が急死してしまい、松五郎は彼の妻と子供に尽くすために家族ぐるみの付き合いを始める。

【作品情報】
1958年日本
監督:稲垣浩
出演:三船敏郎、高峰秀子、芥川比呂志
上映時間:104分
レイティング:-

視聴・購入はこちらから

【アマゾンプライムで視聴】

【DVDはこちらから】

最新投稿されたデータベース
こんなのもあります